« (嘘をつき、隠れて隣に住む知らないおばさん”60”)令和元年5月1日6時00分からずっと、隣から知らないおばさんと知らないおじさんとの大きな話し声がはっきりと聞こえた。平成31年4月30日16時05分からずっと、隣から知らないおばさんの大きな笑い声がはっきりと聞こえた。 | トップページ | (スネ母)全く面識がなく、知り合いでも何でもないのに、知り合い面をして、私にしつこく付きまとい、 »

2019年5月 1日 (水)

(寄生虫隣人と仲介業者”8”)平成31年2月9日11時50分頃、仲介業者から電話が掛かってきて、私の家が煩いという言いがかりもいいところの苦情が来ていると

(寄生虫隣人と仲介業者”8”)平成31年2月9日11時50分頃、仲介業者から電話が掛かってきて、私の家が煩いという言いがかりもいいところの苦情が来ていると言ってきた。その苦情をだしているのが、三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫連中の仲間で、勝手に私の家をのぞいたり、留守中に私の家の中のモノを壊したりしている知り合いでも何でもない、全く知らない犯罪者の隣人だそうだ。隣人達自身の非常識で横暴な迷惑行為(木槌を叩くような大きな音や精神異常者のような大きな笑い声を立てたり、夜中にしゃべり声を立てたり)は棚に上げてやがって。また、当り屋のように因縁をつけてきた。私は、19時から21時という普通の時間帯<特別に配慮するような時間帯ではない>にテレビを見ながら普通の音量の声<本当に普通の声で、寄生虫に“忘れているという言い訳”をされないように家の中の状態はしゃべらないように気を付けながら>で話をしているだけ。全く問題のない行動。仲介業者の全く知らない個人的な付き合いの全くない眼鏡を掛け、太ったおじさん社員は、初めから寄生虫隣人の肩を持つような発言をし、まるで寄生虫の仲間のようだった。さらに奇妙なことに、寄生虫である隣人から、頻繁におばさんの声が聞こえ、時々、精神異常者のようなおばさんの笑い声が聞こえるのだが、そのことを寄生虫の仲間のような全く知らない個人的な付き合いの全くない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員に話すと、その寄生虫の仲間のような個人的な付き合いのない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員は、隣は男性だけで、おばさんは住んではいないという。では、隣の家から頻繁に聞こえるおばさんは何者なのだ?絶対に隣の寄生虫ハウスには、知らないおばさんが住んでいる。なぜならば、おばさんの話し声を聞いたのは、一回や二回ではなく、頻繁で、午前4時頃という早朝にも話している知らないおばさんの声を聞いたからだ。隣の寄生虫ハウスには住んでいないことになっているおばさんが住んでいるということか?

それから不思議なことは、11時50分頃に仲介業者の者と電話をした後、全く家の中で私は声を発していないのに、寄生虫ハウスから嫌がらせの木槌を叩くような音がした。そこで、仲介業者へ電話をしたところ、寄生虫の仲間のような個人的な付き合いのない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員に電話でそのことを話すと、その寄生虫の仲間のような個人的な付き合いのない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員が“一人”で私の家にやってきて、私の家に立ち寄った後、隣人の寄生虫ハウスへ伝達に行ってくれた。1、2分という短い時間が経った後、私の家をノックする音がして、ドアを開けると、寄生虫の仲間のような個人的な付き合いのない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員に話すと、その寄生虫の仲間のような個人的な付き合いのない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員と、全く知らない、個人的な付き合いもないスポーツ刈りで、眼鏡を掛け、中肉の仲介業者の男性社員との“二人”が私に説明しに来た。寄生虫ハウスの住人曰く、「叩いていない。近くで工事をしているので、その音ではないか」と。仲介業者の二人は、隣の寄生虫ハウスの住人が話した嘘を伝えてきた。なぜ嘘かというと、確かに隣から聞こえたことと、近所の工事の音など、昨日も今日も全く聞こえないからだ。さらに奇妙なことは、初め、一人で来ていた仲介業者の人間が二人に増えたこと。初めに来た寄生虫の仲間のような個人的な付き合いのない眼鏡を掛け、太った仲介業者のおじさん社員が私の家に来て、隣人の寄生虫ハウスへ入り、私の家に再びノックをした間の1~2分の間、人が来た気配が全くなく、一人から二人に増えた全く知らない、個人的な付き合いもないスポーツ刈りで、眼鏡を掛け、中肉の仲介業者の男性社員は、まるで隣の寄生虫ハウスの中から現れたように、突然、急増した。奇妙だ?

平成31年2月10日12時25分、一昨日(2/8)も、昨日(2/9)も、全く工事の音がしなかったのに、このブログを読んで、嘘がばれないように、嘘を信じてもらうように補足するかのように、急に工事の音が近所からしてきた。本当に三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫連中は、薄汚い嘘つき野郎。

平成31年2月10日21時45分、三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫連中の仲間で、勝手に私の家をのぞいたり、留守中に私の家の中のモノを壊したりしている知り合いでも何でもない、全く知らない犯罪者の隣人で、私に仲介業者を通して因縁をつけ、仲介業者に黙って、嘘をついて、知らないおばさんと同居している、犯罪者の隣人らしき、眼鏡を掛け、太り、30~40才代で、労働者風の男性が、卑怯にも、私の家の前で待ち伏せしていた。寄生虫隣人は、犯罪者で精神異常者なので、関りを持ちたくないので、一切、言葉を交わさなかった。

平成31年2月10日22時10分、本当に寄生虫犯罪者の隣人は嘘つきだな。隣の寄生虫ハウスからバンバン、知らないおばさんと知らない男性の話し声が聞こえている。あれが女の声でなかったら、何が女の声だというのだ?やっぱり、嘘をついて、知らないおばさんと同居しているじゃん。
隣には男性しか住んでいないと言っている寄生虫の仲間の仲介業者が嘘をついているのか?それとも当り屋のように因縁をつけてきている寄生虫の仲間である卑怯者の隣人が”隠れておばさんと住んでいて、仲介業者には男性だけで住んでいると嘘”をついているのか?どっちだ?

そういえば、平成31年2月4日19時10分頃、私は普通の音量の声でテレビを見ていたのにも関わらず、隣から故意の大きな騒音が立った時も、その直前に、隣から知らないおばさんと知らないおじさんの話し声が聞こえていた。平成31年2月5日19時10分頃、私は普通の音量の声でテレビを見ていたのにも関わらず、隣から故意の大きな騒音が立った時にも、その直前に、隣から知らないおばさんと知らないおじさんの話し声が聞こえていた。平成31年2月6日20時10分頃、私は普通の音量の声でテレビを見ていたのにも関わらず、隣から故意の大きな騒音が立った時にも、その直前に、隣から知らないおばさんと知らないおじさんの話し声が聞こえていた。

|

« (嘘をつき、隠れて隣に住む知らないおばさん”60”)令和元年5月1日6時00分からずっと、隣から知らないおばさんと知らないおじさんとの大きな話し声がはっきりと聞こえた。平成31年4月30日16時05分からずっと、隣から知らないおばさんの大きな笑い声がはっきりと聞こえた。 | トップページ | (スネ母)全く面識がなく、知り合いでも何でもないのに、知り合い面をして、私にしつこく付きまとい、 »